石川県消防操法大会があった

わが一城分団は7年連続7回目の出場となった

5月の連休明けから3ヶ月操法1間にわたり練習をしてきた集大成ともいえるこの大会

それぞれの仕事を持ちながらの練習は負担も大きいが

それでも「やろう!!」という気持ちにさせられるのは消防団独自の連帯感のなせるワザだろうか?