今回はゼラニウムの播種作業を紹介しましょう

アンド・プラントでは年間で約6万粒のゼラニウムを播種しますが その播種にはこんな機械を使います

真空播種機

その名も 「真空播種機」 です

名前はカッコいいですが 何のことはない 単なる?掃除機の改良版みたいなものです

ところが実はいろんな工夫がされていて かなり優れものでもあるのです

天板に このような直径約0.5ミリの穴が開いていて この天板が掃除機の吸引口になっていて種を吸いつけます

天板の穴 090107hasyuki3

 

 

 

 

種が付いているのが分かりますか?

全部で406個の穴が開いています

すべてに一つずつ吸い付くとこういった感じになります

090107hasyuki4

 

 

 

 

 

こうやって吸い付けた種を 天板をひっくり返してトレイに落とします

090107hasyuki5

 

 

 

 

するとこうなります

090107hasyuki6

 

 

 

 

最後に覆土をして出来上がり!

090107hasyuki7

 

 

 

 

丁寧に水をかけて 20℃程度の地温で3〜4日で発芽します

090107hasyuki8