「3番目」の和太鼓の発表会があった

小若としては最後の発表となる

初めて教室に入ったときは3歳で

「きょうつけ!」と言われてその意味が解らず(まだ教えても無かった・・)

ポカンとしてたら、「きょうつけもできん者な さがってなさい!!」と叱られ

いきなり泣き出す始末。

それでも最後に「太鼓たたきたいか?」ときいたら「うん」といって

少したたかせてもらった

それがここまで成長したのだ

まだまだへたくそで 間違えてばかりだが(もしかしてセンス無いかも・・)

ぜひ 続けてほしいと思う

どんどんどん